人間が便秘になるのは、年齢や性別に関係なく、チョットしたキッカケでなってしまいますが、これが慢性的な状態になってしまうと、健康面や精神面、そして美容面などで数え切れないほど悪影響が表れます。

もちろん、便秘が慢性的になることは誰でも避けたいと思いますし、もし、そうなっても即効で解消して、その後はシッカリと予防したいと思います。

しかし、人間は動物の中でも1番便秘になりやすいと言われています。

理由の1つに、ほかの動物に比べて、大腸が長いことが関係していると言われています。

動物の大腸の長さ

これは、肉食動物の主食となる肉は、胃腸での消化吸収が早いのに対して、草食動物が主食としている草類は、消化吸収に時間が掛かるためと言われています。

しかし、ウシ科の動物は牛のように胃が4つあるという違いこそありますが、腸の長さだけで見ても人間のように、あまり便秘になるようなことはありません。

また、人間と同様にヒト科に属して雑食な野生のチンパンジー、オラーウータン、ゴリラなども便秘になるという話も聞かれないと思います。

これは、同じヒト科動物でも野生のチンパンジーなどは、自然界にの動植物をそのまま食べて、たとえ便秘になったとしても、どんな植物を食べれば便秘が解消されるかを本能的に知っているためだと言われています。

さらに、同じ人間でも肉を食べることの多い欧米人の大腸の全長は、魚介類や海藻類(ワカメや昆布)を食べることの多い日本人と比較すると短いということもあります。

つまり、便秘になるかならないかの原因の1つに『普段からどんな物を食べているか?』ということも関連してくるのです。

ストレスと便秘

また、人間以外の動物でも人間が受けている『ある条件』を受けると自立神経である交感神経と副交感神経の働きが鈍くなって、その影響で大腸が排便の促す蠕動(ぜんどう)運動が低下して便秘になったり、逆に下痢になってしまうことがあります。

ここで言う『ある条件』というのは『ストレス』のことです。

これは、人間だけに限らず大半の動物は、色々なストレスが蓄積されると胃腸の働きが乱れて、便秘や下痢などの症状を発症することが多くなります。

また、犬や猫を飼われた経験のある方は、散歩など適度な運動量が少ないことでのストレスで、便秘になってしまったという話を聞かれたことがあると思います。

ちなみに、動物園にいるチンパンジーなども人間と同様にストレスで便秘になることがあって、その時は、獣医さんが便秘薬を処方されているそうです。

ストレス社会と言われる現代に生きている私たち人間は、それ以上に大きな便秘原因としてストレスがあります。

便秘と女性

ここまでは、男性・女性に共通の便秘の原因となる内容でした。

便秘で悩む女性しかし、男性に比べ慢性的に便秘の悩みを抱えるのは、思春期以降の女性が圧倒的に多く、特に、妊娠期間中は3人中2人が慢性便秘の状態にっているという調査結果があります。

女性が便秘の悩みを抱えることが多い理由に、男性に無い子宮という複雑でデリケートな臓器が内臓にあることで、大腸が子宮を迂回する配置となっていてることがあります。

また、身体の機能面や精神面に影響するホルモンの分泌バランスが、毎月の月経(生理)や妊娠・出産などにより、大きく変化することも影響しています。

ほかにも、男性に比べて腹筋の力が弱く、美容のためと間違った食事制限のダイエットを行ってしまうことも、原因として挙げられます。

また、便秘が慢性状態になると、美容面に表れるデメリットでは、アレルギー反応として表れる肌荒れや皮下脂肪や内臓脂肪が蓄積されやすくなり、せっかくダイエットをしてもリバウンドが表れやすくなってしまいます。

このように、女性は慢性的になりやすい条件が重なるため、今抱えている便秘の解消を即効で行ない、今後は食生活を含めた根本的な部分から体質改善や予防を行なってください。

便秘解消の方法について

このように、あらゆる面でデメリットでしかない便秘は即効で解消してしまいたいものです。

その要求に合わせるように、市場では色々な便秘解消関連の製品が販売されてますが、間違った解釈での解消法を行なってしまうと、便秘以上の負担を身体に与えることになります。

そのようにならない為にも、それぞれの方法にあるメリットとデメリットを把握して、解消法を選択されてください。

下剤の服用について

下剤便秘解消に即効性のある方法として、1番に思い浮かぶのは下剤を使う方法だと思います。

下剤は服用すると短時間で便秘解消の効果が表れたり、薬局やドラッグストアで手軽に購入できることや、いつでも使えるように救急箱などにストックできるというメリットがあります。

しかし、下剤だけに頼った方法を続けると、身体に下剤の成分に対する耐性が作られ、効果を出すためだんだんと1回の服用量が増えてしまう依存性の問題があります。

状態がさらに深刻になると、大腸に下剤に配合の成分刺激がなければ、老廃物を排出するための蠕動(ぜんどう)運動をしないようになり、下剤を服用しなければ排便できない常習性の問題ができてしまい、最終的には大腸の機能が低下して人工肛門になってしまうケースもあります。

そのため、下剤を服用する方法は、どうしても辛い状態を抜け出す短期間の使用と割り切って、その後は食生活や生活習慣など根本部分からの改善をする方法が良いと思います。

自分で行なう腸内洗浄について

最近では、腸内に何年も蓄積していると言われる宿便を排出して、便秘による肌荒れ解消などの美容効果を発揮すると言われる、自分で行なう腸内洗浄キットなどが販売されています。

ただ、腸内洗浄は本来、専門的な知識のある医療機関などが、他の病気が原因となり発生する、深刻な器質性便秘の解消や便秘による直腸内の病気などに対して行なっている施術法です。

これらの専門的な医療機関では、腸内洗浄の物理的な力で宿便など排出した後は、腸内を整える善玉菌まで排出されてるので、アフターケアとして、後日、腸内細菌の状態をチェックする所が大半です。

そして、善玉菌が減っている状態であれば、整腸作用効果の薬が処方されたり、それに合わせた食事指導などの専門的なアドバイスを受けることができます。

しかし、自分で腸内洗浄をする場合では、即効で宿便を体外に排出できるメリットがあっても、その後、大腸や善玉菌の状態がどうなっているか把握することや、どんなケアをすれば良いかも分からないというデメリットがあります。

また、衛生面の問題で雑菌が直腸に侵入して、腸内が炎症を起こしたケースなどもあります。

身体に負担の無い便秘解消法は?

用量や用法を守った短期間の使用や専門機関のように確実な対応やアフターケアができるなら、即効性の高い下剤や腸内洗浄キットなどを使用する方法も良いと思います。

しかし、間違ったやり方になると、今抱えている便秘の悩み以上の負担を身体的にも精神的にも与えてしまうことになるのを知っておいてください。

このような、身体に負担を掛けない方法としては、最近、注目されているのが便秘解消の成分が配合されている便秘解消茶やサプリメント、そして、オリゴ糖食品を使用する方法です。

便秘解消茶について

便秘解消のお茶は古くからありますが、センナやドクダミなどが主成分で『良薬口に苦し』で、味はあまり良い物とは言えませんでした。

しかし、最近ではセンナやドクダミより、さらに便秘解消効果が高いキャンドルブッシュなどが主成分として配合されてる製品が主流となっています。

また、味や香りも普通のハーブティーと同様の飲みやすさで、冷え性低体温の改善に効果的な成分の配合や、エイジングの効果として抗酸化成分が配合されてる製品などがあります。

サプリメントについて

次は便秘解消に効果的な食物繊維成分や腸内の善玉菌となる乳酸菌などの成分が配合されているサプリメントを使用する方法です。

毎日の仕事などで食生活が不規則だったり、外食が多くて栄養バランスが偏り気味の方などは、時と場所を選ばずに手軽に身体に必要な成分を補給できるメリットがあります。

最近の製品では、成分内の食物繊維が胃腸の中で膨張するのと同時に、身体に余分な脂質分まで吸収しながら、体外に排出させるダイエット効果を目指した製品もあります。

オリゴ糖食品について

オリゴ糖は一般的な食品や母乳や粉ミルクにも含まれている成分なので、赤ちゃん、妊婦さん、高齢者の便秘解消にも使用できます。

そして、オリゴ糖は食べても胃酸などの消化酵素の影響を受けにくく、ほぼ、そのままの状態で大腸内まで届くので、ヨーグルト以上に善玉菌であるビフィズス菌を増やす効果が高まります。

善玉菌を増やすと便秘解消効果以外に、冬場に流行するノロやインフルエンザなどウィルスへの免疫力強化、そして、花粉症などアレルギー体質の改善を助ける作用があると言われています。

オリゴ糖を吸収したビフィズス菌は、活動が活発になることで細胞分裂も促進されて、悪玉菌が優勢となっている腸内環境から、善玉菌を優勢になる腸内環境を作ります。

便秘解消の目的を達成した後の予防法は?

そして、一旦、便秘解消の目的を達成されたなら、次の目標は便秘になりにくい体質に改善して事前予防をすることです。

このように、体質改善と言われると難しく感じてしまうと思われますが、実は毎日の生活の中でチョットした気遣いを重ねていくことだけです。

それは、最初の項でも申しあげた、人間が最も便秘になりやすい動物となってる要因を避けることで、そのためには、この3項目が重要になります。

ただ、お仕事などの時間帯がどうしても不規則気味になってしまう方など、3項目全ての条件を満たすことは難しいかもしれません。

しかし、今まで全く意識されてない状態から、この3項目の1つだけでも実践できれば、確実に慢性的な便秘になるリスクを減らすことができると思います。

そして、この3項目の中で1番は、人間の3大欲求(食欲・睡眠欲・性欲)で最も重要な食欲に関する部分なので、前述している身体に負担の無い便秘解消法などを日常予防として取り入れることも1つの方法です。

冒頭でも申し上げましたが慢性的な便秘になると健康面、精神面、美容面など、あらゆる面でデメリットが表れます。

それを防ぐためにも、便秘の悩みを抱えてる方は、身体の負担にならない方法を選択して即効で便秘解消を行い、その後はシッカリと便秘とは縁のない体質を作るようにしてください。

身体に負担がなく即効性の高い便秘解消品のランキング

オリゴ糖ランキング
サプリメントランキング
便秘解消茶ランキング